ご予約

診療時間

放射線科
月~土 8:30~17:00
休診: 日曜日、祝祭日

所在地

〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島2丁目1番2号
TEL:06-6451-6100(代)
FAX:06-6451-1234

来院方法・地図>>
トップページへ戻る

検査を受ける

各検査機器の説明/料金/所要時間

PET/PET-CT 検査とは

PET PET(Positron Emission Tomography:ペット)とは、「ポジトロン断層撮影法」と呼ばれている検査法のひとつで、体の中の代謝状態を調べるために特殊な放射性同位元素を使って行う検査です。がん細胞は、正常の細胞よりも分裂がさかんに行われるためブドウ糖代謝が盛んです。

FDG-PET検査は、ブドウ糖の類似物質である FDG(フルオロデオキシグルコース)というくすりを静脈から注射し、その様子をPET装置で撮影します。がんがどこにあるのか、大きさはどのくらいかを調べることができます。

CTやMRIがすでにがんになった細胞の形状を捉えるのに対して、PETはがん細胞の働きを捉えることが可能なため、がんの早期発見や全身検査、治療効果の判定などに有効です。

しかし、残念ながらPET検査だけですべてのがんが必ず見つかるわけではありません。FDGは尿中から排泄されますので、腎臓や膀胱にがんがあってもよく分かりません。また、あまりFDGを取り込まない性質のがんもあります。肝臓がん、胃がん、前立腺がんなどは超音波検査や内視鏡検査などの方が、PET検査より有用なことが多いようです。その他にも比較的進行のおそい肺がんなどの中には、FDGを取り込みにくい性質のものがあります。このような場合、CTやMRIを始めとする従来の検査と組み合わせることによってより精度の高い診断を行うことが可能となります。FDG-PET検査では、わずかですが放射線被曝があります。これは、胃のX線検査と同程度です。

PET-CTとは、代謝や血流など生体内の生理学的・生化学的な「機能」を捉えるPETと、体内の構造物形状や病変の位置などの「形態」を正確に把握することができるCTを同一機器内に組み合わせて配置した検査装置です。従来、両検査を行うためには、二度の検査が必要でしたが、PET検査とCT検査を一度の検査で行うことにより、全身について短時間で、より正確に病変部の診断と位置の特定を行えるようになりました。特に、確定診断が困難であったがんや転移・再発がんの発見に威力を発揮します。

中之島クリニックに導入されるPET-CTは最新の性能を持つPET-CTです。

PET受診体験記はこちらをご覧ください。 http://eonet.jp/health/special/special13_2.html

PET-CT 検査を受けるには?

基本的に、患者様からの直接のご依頼による保険診療はお受けしていません。主治医の先生にご相談下さい。

健康診断としての受診

当クリニックでは、PET-CT検査を含む人間ドックを実施しております。人間ドック受診を希望される方は、こちらまで(「コース一覧」へリンク)

検査の流れ

PET/PET-CT検査受診の流れは、次のようになります。

2週間前まで→検査予約

電話で予約できます。なるべく早めにご予約ください。(空いていれば直前のお申し込みでも受診いただけます)

1週間前→検査要綱受領

検査日の1週間ほど前に郵送されます。よくお読みください。

検査当日→絶食

検査前4時間以上の絶食でお越しください。(糖分の含まれない水分は摂取可能です)

採血・検査

PET/PET-CT以外の検査は先に済ませます。(一部PET/PET-CT検査後に検査を行う場合もあります)

注射

FDGの静脈注射を受けます。

安静

45分?1時間程度安静にします。

撮像

横になって約30分、撮像します。

検査を受けるにあたっての注意事項

検査前に活発な運動をされると、筋肉の糖代謝が盛んになり、腫瘍細胞へのとりこみがわかりにくくなることがありますので、検査当日の運動はお控えください。
検査前の食事は体の中のFDG分布に影響を及ぼしますので、4時間以上の絶食でお越しください。(糖分の含まれていない水分は摂取可能です)
糖尿病の方の場合には、精度の高い検診をお受けになるために、血糖値を十分にコントロールしてお越しいただくことをお勧めいたします。

  • 検査料金 約30000円(保険適用で自己負担3割の場合)
  • 所要時間 約2時間
ページ上部へ戻る

MRI 検査とは?

MRIMRIとは、「Magnetic Resonance Imaging」の略で磁気共鳴画像と呼ばれています。MRI検査は、強い磁場を有するトンネルの中に身体を入れて、磁石の力と電波を使って身体の内部の様子を画像化する検査です。
いろいろな角度から体の断面を画像化することができ、脳や脊髄,内臓,筋肉、関節,血管などの詳細な情報が得られます。また、X線を使用しませんので放射線被曝はありませんが、検査中大きな音がします。 検査の所要時間は、造影剤を使用しない場合、通常約20分~30分程度です。造影剤を使用する場合は、その2倍程度の時間が必要です。
中之島クリニックで使用するMRIは、現時点で最高の性能を持っており、これまで不可能であった細かい脳血管などを撮影することができます。

MRI 検査を受けるには?

基本的に、患者様からの直接のご依頼による保険診療はお受けしていません。主治医の先生にご相談下さい。

健康診断としての受診

当クリニックでは、PET-CT検査を含む人間ドックを実施しております。人間ドック受診を希望される方は、こちらまで(「コース一覧」へリンク)

検査を受けるにあたっての注意事項

下記に該当する方は検査ができません。
  • 心臓にペースメーカーを使用している方
  • 脳動脈にクリップのある方(クリップの種類によっては検査可能)
  • 体内に金属物が入っている方(金属の種類・部位によっては検査可能)
  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方(原則)
◆下記に該当する方は、前もってご相談ください。
1.閉所恐怖症の方、またはその傾向のある方
トンネル状の狭い場所に入って静止しての検査ですので、閉所恐怖症の傾向がある方は不安が強くなることがあります。できるだけリラックスして検査をお受け下さい。どうしても、我慢できない場合など、場合によっては検査ができないことや、途中で検査を中止させていただくこともあります。
2.妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方
原則として、妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方は、検査を行っておりません。妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方は事前にお知らせ下さい。
3.小児
検査中に静止できないと検査ができません。静止できない場合は、検査を中止させていただくことがあります。事前に、睡眠剤の準備を主治医にお願いすることがあります。
4.アレルギーのある方、喘息の方、以前に造影剤で副作用の出た方
場合によっては、造影剤を使用した検査はできない場合があります。
検査前の食事について

検査前の食事などに関しては、主治医または当診療所の指示に従ってください。腹部の検査や、造影剤の使用を予定されている場合、検査前の食事を控えていただきます。

造影剤の使用について

目的の部位をよりわかりやすくするためや、異常部位の性状の判定のために造影剤を使用することがあります。副作用の頻度は少ないですがゼロではありませんので、アレルギーのある方、喘息の方、以前に造影剤で副作用が出た方などは、前もって担当者にお知らせください。

造影剤の使用により、帰宅後または後日に副作用が出た場合は、主治医または当クリニック(TEL 06-6451-6100)にご相談下さい。

検査前の準備

以下のものは、故障したり検査に影響したりすることがあるため、検査室内に持ち込むことができません。検査前に必ず取り外しておいてください。

  • 金属類・・・時計、メガネ、鍵、指輪、アクセサリー類、ヘアピンなど
  • 磁気カード・・・キャッシュカード、テレホンカードなど
  • その他・・・入れ歯、磁気治療貼布剤、ベルトなど

検査の流れ

  • MRI装置のベッドに寝ていただきます。
  • 検査中、工事現場のような大きな音がします。身体を動かさないようにお願いします。
  • 検査によっては造影剤を使用する場合があります。副作用は極めて少ない薬ですが、検査中気分が悪くなった場合には検査担当者にお申し付け下さい。
  • 検査料金 5000-10000円(保険適用で自己負担3割の場合)
  • 所要時間 約30分間
ページ上部へ戻る

CT 検査とは?

CT CTとは、「Computed Tomography」の略でコンピュータ断層撮影といいます。CT検査は、X線を身体の周りから照射し、体内を透過したX線量をコンピュータで処理することによって体の輪切りの画像を得ます。身体のあらゆる部位の内部構造を画像化することが可能です。
一般のレントゲンでは得ることの出来ない詳細な体内の情報を得ることができます。
なお、CT検査は、X線を使用しますので放射線被曝があります。被曝量は最小限になるよう努力しており、目的にあった検査では、患者様が情報として得られる利益のほうが格段に大きいと思われます。
 検査の所要時間は、撮影部位、撮影方法によって異なりますが、通常約10分~20分程度です。造影剤を使用する場合は、その2倍程度の時間が必要です。
中之島クリニックに導入されたCTは、現時点で最も多くのX線検出器を持ち、迅速かつ精密に検査が行える64列マルチスライスCTです。

CT 検査を受けるには?

基本的に、患者様からの直接のご依頼による保険診療はお受けしていません。主治医の先生にご相談下さい。

健康診断としての受診

当クリニックでは、PET-CT検査を含む人間ドックを実施しております。人間ドック受診を希望される方は、こちらまで(「コース一覧」へリンク)

検査を受けるにあたっての注意事項

◆下記に該当する方は、前もってご相談ください。
1.妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方
X線を使用しますので、原則として妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方は、検査を行っておりません。妊娠中もしくは妊娠の可能性がある方は事前にお知らせ下さい。
2.小児
検査中に静止できないと検査ができません。静止できない場合は、検査を中止させていただくことがあります。事前に、睡眠剤の準備を主治医にお願いすることがあります。
3.アレルギーのある方、喘息の方、以前に造影剤で副作用の出た方 腎機能の低下している方、甲状腺機能亢進症の方
場合によっては、造影剤を使用した検査はできない場合があります。
4.検査前3日以内に、バリウム検査を受けられた方
バリウムが腸内に残存していた場合、検査がうまくいかないことがあります。
検査前の食事について

検査前の食事などに関しては、主治医または当診療所の指示に従ってください。腹部の検査を受ける方、造影剤の使用を予定されている方は検査前の食事を控えていただきます。

造影剤の使用について

目的の部位をよりわかりやすくするためや、異常部位の性状の判定のために造影剤を使用することがあります。まれに副作用がありますので、体調の悪い方、アレルギーのある方、喘息の方、腎機能の低下のある方、甲状腺機能亢進症のある方、以前に造影剤で副作用が出た方などは、前もって担当者にお知らせください。

造影剤の使用により、帰宅後または後日に副作用が出た場合は、主治医または当クリニック(TEL 06-6451-6100)にご相談下さい。

造影剤を使用された方は検査が終わりましたら、できるだけ水分を多くとって尿として造影剤を排出するようにして下さい。

検査の流れ

  • CT装置のベッドに通常仰向けに寝ていただきます。
  • 身体を動かさないようにお願いします。
  • 検査によっては造影剤を使用する場合があります。検査中、気分が悪くなった場合には検査担当者にお申し付け下さい。
  • 検査料金 5000-10000円(保険適用で自己負担3割の場合)
  • 所要時間 約30分間
ページ上部へ戻る